メンズ

知識が無くても大丈夫!委託で安心iphoneアプリ開発

このエントリーをはてなブックマークに追加

特徴に合わせて作る

アプリ

スマートフォンやタブレットは現在、世界中で普及している情報端末と言えます。その普及台数はパソコンに勝るとも劣らぬ勢いとなっており、今後は更に勢いを加速させることが考えられるでしょう。それに合わせて、スマートフォンやタブレット専用のアプリ開発に取り組む企業が増えています。アプリは今や学生から社会人、主婦層やお年寄りまで取り込むことが出来る市場規模となっており、マーケティングの方向性も自由度が高いことから様々な業界がアプリ開発に乗り出しているのです。アプリを開発する際に重要となるのが、「どのOSを対象としたアプリをリリースするのか」という事です。スマートフォンやタブレットにはOSと呼ばれる基本ソフトが内蔵されており、どのOSを対象とするかで開発環境が異なります。またOS毎にユーザー層も変わってくるので、開発するアプリのターゲットに適したOS選択を行いましょう。

世界中でOSごとのシェアを見てみると、全体の2/3ほどのシェアを誇っているOSがあります。それは、androidです。androidは非常に多くの端末に搭載されているOSであり、その魅力は拡張性の高さにあります。ユーザー一人一人に合わせて端末の内部をカスタマイズできるため、非常に多くの方がandroidを使用しています。そのため世界中でのアプリ展開を考えるなら、androidアプリの開発に注力すると良いでしょう。また、androidのもう1つの特徴として「アプリ同士の連携が比較的自由に行える」という点が挙げられます。他のOSの場合、同じ会社が開発するアプリでもない限り機能連携には限界があります。しかしandroidは同じメーカー製でなくとも、比較的シームレスな連携が可能となっています。アプリ開発を考慮する際には、こういったアプリ同士の連携に考慮してみても良いでしょう。